コロナ渦のため自宅でカラオケをしてみた

2020年から世界で流行しているコロナウイルス。
3密を避けるために、自宅で楽しめることを探してカラオケをやってみました。
今回遊んだ方法は、ゲーム機を利用してカラオケをしてみた。

PS4を使用してカラオケをする

自宅にPS4がありますので、今回はPS4を使ったカラオケを試してみました。

1、インターネット回線に繋ぐ。
ゲームをする上でもオンライン対戦など楽しめるので、是非インターネットに繋ぎましょう。

2、カラオケアプリをダウンロードする。
PSストアから検索をして、DAMもしくはJOYSOUNDを選択。

3、マイクを購入。
マイクの端子をUSBポートに差します。

4、チケットを購入。
24時間チケット330円
30日間チケット1100円
365日間チケット11000円
があります。
無料でも出来ますが、曲数がかなり少ないので購入をおすすめ。

チケットの中には自動更新型がありますので、使用していないのに
課金状態が続くもったいないことにならないような注意が必要です。
自動更新を解除するには、ホーム画面から【設定】-【PlayStation Network/アカウント管理】-【アカウント情報】-【サービスリスト】より【カラオケ@DAM】を選択し、対象チケットで【自動更新を無効にする】の設定を選択することで解除できます。

PS4で歌うならカラオケDAMとJOYSOUNDどっち?

カラオケをしようとしても、機種によって楽しみ方が違ってきます。いざやろうとした場合に、どっちがいいのか?を選択しやすくするようなアドバイスが出来ればと思います。

DAMの特徴
音源が綺麗で、原曲に近いような音で歌うことができます。

採点機能に関しては厳しめで、音痴の僕はなかなか80点以上がでないです。

欠点では、マイナー曲が少ない。
マイナーなアーティストさんはなかなか追加されないため、歌えない場合があります。

本来のカラオケ店での機種ではアニメ主題歌ならばアニメ映像がありますが、PS4でカラオケをしている場合は、映像が何個か決められているためなのかアニメ映像が出ないです。

JOYSOUNDの特徴
DAMに比べると曲数が多い。
なので、比較的マイナーな曲を歌いたい人にはJOYSOUNDがオススメです。

また、VRを使ってカラオケが出来ます。僕はVRを持っていないので体験出来ないですが、VRを使えばより楽しくカラオケが出来るでしょう。

採点機能に関しては甘い。DAMに比べると楽勝に80点以上は出ます。

歌っているときの採点画面が声に反応したラインでずっと繋がっているため、音程が合っているのかわかりずらい点があります。音痴の僕が歌うと、ラインが激しく上下してしまいます。

欠点では、音質があまりよくない。
JOYSOUNDの音源は若干ですが、電子音的な感じがします。
また、こちらもアニメ映像など出ないです。

結論として、
きれいな音源で歌いたいという方はDAM、マイナーな曲を歌いたい方はJOYSOUNDを選びましょう。
また、カラオケの練習に向いているのは採点が厳しいDAMで、自分の歌唱レベルがわかります。
友達を誘って一緒に歌う、採点なんか気にしないって方はJOYSOUNDを選ぶと良いです。

PS4以外でカラオケをする方法

・他のゲーム機を使う。
Switchやxboxoneでも出来ます。
ゲーム機を置いている家庭は多いと思いますので、マイクがあればカラオケが出来ます。

・スマホのアプリを利用してカラオケをする。
カラオケアプリがありますので、そちらをインストール。種類が多く、採点機能も備わったアプリもあるので自分に合ったカラオケアプリを探す必要があります。

・カラオケマイクを購入する。
スマホでBluetoothに繋げて歌えます。持ち運びが出来るので、車の中でも歌うことが出来ます。

自宅でカラオケするメリットデメリットは?

メリット
・料金が安い。
カラオケ店でカラオケをするよりは断然お得ですね。

・採点機能がある。
カラオケDAMやスマホアプリに採点機能があるので、自分の歌唱力のレベルが分かる。

デメリット
・カラオケしている背景映像がショボい。
アニソンを歌っているときに、背景映像がないので、モチベーションが下がるかもしれません。

・近所を気にする
自宅で歌うので、自宅から音が必ず漏れます。あまりにうるさいと近所迷惑になるので、注意が必要になってきます。気になる方は、防音対策をしましょう。

最後に

音痴で引きこもりの僕としてはカラオケ店に行かなくて済むので、周りの目を気にすることなく歌えます。気軽に歌うことが出きるので、是非試してみて下さい。